赤ちゃんのいる家庭にはウォーターサーバーがオススメ

subpage1

東日本大震災と原発事故の影響で、非常時の飲料水としてウォーターサーバーを設置する家庭が増えています。ウォーターサーバーの水は停電時でも飲むことが可能で、徹底した衛生管理の下で製造されているため、赤ちゃんにも安心して飲ませることができます。ウォーターサーバーは災害時だけでなく、日常生活でも役立つ製品です。電源を入れればお湯を使うことができるので、お腹の空いた赤ちゃんにミルクをすぐに用意することができます。


国内のウォーターサーバーの水は全て軟水で、赤ちゃんのミルクやお米を炊くのに適しています。
利用可能な水は天然水とRO水の2種類があり、前者は大自然が育んだナチュラルな水、後者は水道水をろ過して不純物を取り除いた水です。

天然にこだわりたいなら天然水を、安全性を追求するしたいならRO水を選ぶといいでしょう。
便利な機能が目立つウォーターサーバーですが、デメリットもいくつかあります。

設置すると電気代や水代、レンタル代が月ごとにかかります。



電気代と水代は月々3000円〜4000円かかります。

レンタル代は利用する業者によって異なるので、複数社を比較してみるといいでしょう。

設置するためのスペースが必要なこと、水の運搬が大変なこともデメリットとして挙げられます。

想像していたものより大型の製品が届いて困ることがないように、製品のサイズは事前に確かめておきましょう。

iemo関連情報を紹介しています。

水は数キロの重さがあるので、女性やお年寄りが運搬するのは大変です。最近は軽量の少人数用プランも出てきているので、重さが気になる人は小さめ・少なめのプランを選ぶといいでしょう。

赤ちゃんも飲めるウォーターサーバーの詳細は専用ホームページで紹介しています。